人生の地図の描きかた

人生で地図を描いたことはありますか?

ない方が多いだろうと思います。

そもそも人生の地図自体がどんなもの?といった感じではないでしょうか。

 

僕も人生の地図を描いたのは最近です。

地図といっても、描くもの自体は簡単なものです。ただ、内容が濃いです。

初めて描いたときは、それはそれは悩み考えました。

すっごく考えたら、以外と描くものがスッと出てくるものです。

 

この地図を描いて何がどうなるのかというと、今までつらくてつらくてどうしようもなかったことや、この先どうなるんだろうと悲観いてしまうことが、ウソのように消え去ります。

多分、信じてもらえないと思いますが・・・

けど、描いてみてください。悲観にくれていたのが馬鹿馬鹿しくなります。

そして、自分自身がこの先どうなりたいのか。

これが明確になります。

やること、やりたいことが明確になれば、暗いトンネルから抜け出したように、光が注がれるかのように幸せな感覚に包まれます。

この地図の描きかたは、著者のロバート・G・アレンさんから直接ご指導いただきました。

その時の情熱は素晴らしく熱いものでした。

この描きかたは本からでも学ぶことができます。

そしてこの本には素晴らしいプレゼントが用意されていました。

もしかしたら、そのプレゼントのときにお会いできるかもしれません。

ぜひ、ご一読ください。

 

→→ 幸せをつかむ「4つの地図」の歩き方 [ ロバート・G・アレン ]

About としさん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です